企業買収の手法|企業買収をする場合の判断基準を解説【企業買収のメリット】
business

後継者不足の影響もあり企業買収が増加!手法は色々ある

企業買収の手法

男性たち

企業買収増加の背景

最近でも企業買収を行う企業が多く存在しています。企業買収が増加した背景には、後継者がいないという理由があります。高度経済成長期に起業した高齢者がリタイアして後継者がいないという問題が挙げられます。後継者がいない場合は、「上場する」「廃業する」「企業買収」のどちらかを選択するでしょう。後継者がいない場合は、企業買収を行うことがベターな選択だと判断している企業が多いです。

株式譲渡の内容

企業買収の手法は、株式譲渡、事業譲渡、合併に分けられます。株式譲渡は、株式を買収企業に譲渡すると同時に経営権も譲渡する手法になります。株式譲渡は、中小企業で最も多く行われる手法になります。

事業譲渡と合併

事業譲渡には、一部譲渡と全部譲渡があります。事業譲渡には、無形資産・流動資産・人材やノウハウの譲渡も含まれます。一方、合併は同じ業種間で一方の会社を消滅させて一方の会社を存続させる吸収合併による方法と、新たな権利義務を新設会社として継承させる方法があります。

広告募集中