買収の判断基準|企業買収をする場合の判断基準を解説【企業買収のメリット】
business

企業価値評価を参考にして企業買収を判断しよう!

経営者にとって大事な素質

no.1

論理的思考

経営者にとって1番大切な素質が、「論理的思考」です。経営を行うにあたって、感情に左右されてはいけません。綿密に経営戦略を計画して、論理的思考で1つ1つの意思決定を行うことが大切なのです。

no.2

戦略的思考

第2位は、「戦略的思考」が大切な素質だとされています。経営は戦略と戦術が重要だと言われています。戦力的思考ができる経営者は、資本主義経済の中で十分に生き残っていける考えを持っていると言えます。

no.3

先見の明がある

次いで、経営者にとって大事な素質は、「先見の明がある」という素質です。時代の移り変わりが激しい現代において、先を読める力はとても大切です。先見の明を持った経営者は信頼性があると言えます。

no.4

謙虚である

第4位は、「謙虚である」素質を持った経営者です。組織を引っ張っていくリーダーがおごり高ぶっていたら部下は付いてきません。経営者が謙虚であることで組織全体の雰囲気が良くなって社員のモチベーションが上がるでしょう。

no.5

攻めの姿勢がある

第5位は、「攻めの姿勢がある」経営者です。常に変化し続けなければ生き残っていけない現代において、新しい事業を展開することが求められる場面が多いです。そのような場面で攻めの姿勢を貫ける経営者は頼もしいでしょう。

買収の判断基準

スーツの人

企業買収の判断基準

最近では、企業買収を考えている企業が増えています。企業買収を考える基準とされているのが、企業価値評価と呼ばれるものです。企業価値評価は、将来の企業価値や現在の純資産等、色々なアプローチ方法で算出されるものです。

論理的思考の大切さ

経営者にとって大切な素質が論理的思考です。感情に左右されない判断をするためにも、企業価値評価を見ながら、論理的思考で企業買収を考える必要があるのです。目に見える形で算出する手法になるので、経営者にとって便利な判断基準でしょう。

インカム・アプローチの活用

事業を多角化したいと考えている経営者で企業買収を考えている人もいるのではないでしょうか。事業を多角化する場合は、当然将来の予測をもとに行わなければなりません。インカム・アプローチという手法を使えば、買収する企業の将来創出される価値を算出して評価することができます。このような判断基準を参考にしながら企業買収を考えると良いでしょう。

広告募集中